LoLに関して書ける物が無くなってきたので、今回はLoLではない事柄からLoLの勝ちに繋がる思考関係のことについて書きたいと思います。

今までは知識面について多く書いてきましたが、今回はそれだけではダメだという内容になります。


まず例を1つ。

プロ野球チームには敵の分析をするだけのプロがいます。LoLでいうアナリストですね。

そこで得た知識が、あのピッチャーは初球絶対に低めに150kmのストレートを投げてくる。 だったとします。

もう楽勝ですね。あとは150kmの低めのストレートを打てばいいんです。


・・・・・・とはなりませんよね。
バッティングセンターの150kmなので人が投げる150kmより確実にしょぼいんですがこんな感じです。
 


そこで何をすべきなのか。ここで失敗する人が多いんです。という話を以前予備校の先生から聞きました。

受験において、行きたい学校があるわけですよね。受験生にとっては学校とその他の受験生が対戦相手なわけです。

そのために受験生は過去問をやります。 間違っていません。

ただそのタイミングが重要とのこと。


今流行っている?ビリギャルいますよね。 ちょっと前で言えばドラゴン桜。

 
317af631328323666816b54e5e31669f1-300x250有村ちゃん可愛い

二つとも 勉強の出来ない生徒が ビリギャルなら慶応ドラゴン桜なら東大に行くという物語です。

LoLでいえばBronze 5が Dia1になるのと同じような話じゃないでしょうか。 
4e6c712c


彼らが成功したのは何故なのか。

それは、自分が今どんな状態なのかをしっかりと分析してくれる人がいて、そこからコツコツとやっていったことなんです。

ビリギャルは中学英語から ドラゴン桜の場合小学校のドリルからのスタートです。

残り2年ない状態で、慶応、東大を受けるやつがそんなことをやってる余裕があるわけがない。といって多くの受験生がもっと上の難易度に突っ込んでいって砕けるというパターンにやられているそうです。


ただやはり勝負事というものにはセンスというものがあって、同じことをしていても1つの情報から10を吸収して強くなって行く人もいれば、1から0.1くらいしか得られない人もいるわけで、スピードに関しては差があります。
LoLを初めて10ヶ月でチャレンジャーになったプレイヤーもいますね。

ビリギャルは2年でしたが、他の人は3年かかるかもしれないし、もっとかかる人もいるかもしれません。
が、LoLは操作するチャンピオンの動きに限界があるので、Dia5はどんなにセンスがない人でも到達が可能だと思います。

なんであれ、重要なのは 自分のレベルに会った練習をするということ。
ただし、LoLの場合は、いきなり上位ランクのプレイヤーの動きを真似してみることも実力向上に繋がることも多いです。練習というのは主にcs等になると思います。

そして、力を付けたプレイヤーが持つ知識というのは恐ろしい力を発揮することを覚えておいてください。

最初の例に戻りますが、150kmの球を打つために、いきなり130kmからやるのではなく、まずは自分の打つことができる80kmから初めてみるわけです。人によってはそれが60kmだったりするかもしれませんね。

そこから段々あげていって、いつか150kmを打てるようになったとき、あのピッチャーはあそこに150kmの球を投げてくるぞという知識が加わればもうどうなるかわかりますよね。


このことから言えるのはLoLの solo queをコツコツこなして、試合ごとにしっかりと反省をすること。
味方が弱すぎる・・・自分は本当はもっと上のランクなのに・・・と言っている人の多くが先ほどの失敗するタイプということですね。ただ個人戦の勉強と違ってLoLはチームでの戦いなので実際にそういう人も多くいるとも思いますが、とにかく他人のことはどうでもいいので自分の反省点だけを探しましょう。

付け加えたいこととして、最低限の知識は更に前に得ていないといけません。

勉強なら単語や文法、野球なら野球のルールですね。

対戦ゲームはこの最低限の知識が多すぎるために敷居が上がってしまっています。

別ゲーDota2の記事ですがわかりやすいと思いました。知識を得てようやくスタートラインです。
ただそのスタートラインでシルバーゴールドくらいなら行けてしまうのもまた事実です。

昔やっていたL4D2というゲームはプレイ時間が1000時間を超えたプレイヤーが ようやくLoLのレベル30アンランクと同じ扱いでした。
プレイ時間500時間前後のプレイヤーは対戦前のロビーでキックされることも多かったです。



まとめると

1.最低限の知識を得て
2. 自分のレベルに会った練習と反省。 csの数やスキルを当てる避ける等
3.もっと発展的な知識

の順番に進んでいくといいでしょう。
ADCに関しての最低限の知識についてはある程度このブログにも書いてあるので、よければ読んでみてください。他にもLoL自体の最低限の知識や、別レーンの知識なんかも調べてみるといいと思います。

LoLはレートシステムのおかげでsolo queならば常に自分のレベルでプレイ出来るため、自分の実力が常に分かり、とてもやりやすいと思います。
勉強ならば、中学レベルの勉強をして、大学受験レベルの模試で結果が出るということがないので、到達点までの間に苦しい時間が続きますが、LoLの場合Diaを目指す過程でしっかりとsilver goldとランクが上がって行き、実力が上がった実感を得ることができますからね。 

それでは長くなってしまいましたがみなさん頑張ってくださいglhf 


ちなみに自分は野球部だったので1日貰えれば150kmのストレートだけなら打てます ^^ huehuehue