LoL ADCのことを書いてるブログ

League of LegendsのADCと初心者プレイヤーを対象にして書かれたブログ兼自分用メモ帳

2014年10月

自分が使うため&敵に来た時の理解度を上げるため、まずは使うチャンプから、最終的には使わないADCまで考察してみようと思います。

記念すべき初回はCaitlyn

初心者時代、何も考えずに自分のオールインで敵を殺せそうなら(ADC,Mageでも)突っ込んでいたので、硬いチャンプやろう!
ということからtopをメインでやっていたとき、参考にしていたのがDyrusとVoyboyでした。
DyrusのおかげでTSMが好きだった自分が、Wildturtleのデビュー戦を見てADCやりてぇ、とりあえずこの人の真似してCaitやってみようと思って使い始めたのがきっかけです。 

フラッシュ→AA→E→Q→Rで敵を殺した時の爽快感はたまりませんね。
現在ADCで青オーブを買うシーンを多く見られますが、ウルトとの相性が抜群なので、
Caitはサポートがワード石を買った後、青オーブにすると良いと思っています。

長所
・長射程のQ(1250)とAA(650)とR(2000-2500-3000) 
これを生かしたゾーニングや集団戦でダメージを出し続けることが可能

・タワー攻防で大活躍のW(罠)
Caitをpickする理由はこれだとDoubleliftが言うほどのスキル
敵/味方のタワー前に置くだけで相手が辛い。
集団戦中相手がSinged等なら自分と相手の中心におくだけで妨害になるし、
Rengar等の対象指定特攻野郎なら自分の足元に置いて踏んだ後にEをすることでセルフpeelが出来る。

・ブリンクのE
逃げる際にも追う際にも使え、相手に当てればスローがつく。
AA EQのコンボは敵に何もさせずにダメージをたたき出すことが出来る。
射程もあって罠もあるのにさらにこれで逃げられると相手からしたらたまったもんじゃないですね。
ただE中にスタン等をくらってしまうと、その場で止まることに注意が必要。

 
短所
・他ADCと比べてしまうとDPSは劣る(AS増加等が無く、Qの集団ヒットでも後ろへのダメージは下がる。)
・ウルトを防ぐ手段が豊富。(ただ斜線を切るだけでもいいし、CCで中断させることも可能。)

基本ビルド
D剣→(D剣)→IE→AS靴→PD→LW→防具or血剣→防具or血剣

レーニング

とにかくQ撃て
どのプロを見てもQ撃ちまくりです。
青ルーンにはMana regルーンを多少載せるのが今では普通となっています。
ミニオンと敵チャンプ両方にQ当てれると美味しいですね。
ラストヒットのタイミングでQを使うことで、ラストヒット中の隙を無くしつつハラスしつつレーンをプッシュ出来ます。

パッシブについて
doubleliftはCaitについて、パッシブ貯まったらとりあえず前でろといっていますが、あくまでCS優先です。
しかし、少し前の記事でも触れた通り、CSに固執しすぎても良いとは限りません。
敵にダメージを入れるチャンスがあるなら2-3csを捨てるという判断は良く行われます。

Deftの動画がわかりやすいと思うのでこちらを参考にしてみてください。 

まず序盤は怒濤のQ連打。
この動画の3:45秒辺りですね。
先にCaitが3レベになったため強気のDeft もちろん2レベのNamiとVarusは下がります。Namiがダメージ交換に応じていますが、サステインスキルとはいえ、パッシブAAも含めAA3発にはもちろん勝てません。
Caitの場合この判断で射程の長さを生かして3発のAAを入れること出来るというのが本当に強みとして出ていますね。
Caitの攻撃はQが無いため実質AAのみなのでVarusも反撃に加わりたいところですが、サポートJannaの打ち上げによりそれも出来ず。
Caitの長所である一方的なハラスに上手く成功しています。
そしてその際にcsを1だけ捨てていますね。
そしてこれのおかげでKhazixのガンクを余裕でかわしています。
ただその後もう一度来た際は少し迂闊だったのでは?と思われますが、Leeも近づいており、FBを狙うチャンスがあったからこその強気のプレイだと思います。(自分もガンガンいくタイプなので好きなプレイでした。)

今回面白いと思ったのがビルドです、その他のビルドでは上記の基本ビルドに行くことが多いDeftですが、
まずは途中で靴を買いました。
これはJannaがリコールしており、その際IEの派生元は買えないが、レーンに1人でいてもしょうがないので、一緒に帰って靴を履いたんだと思います。
その後8分後半でVarusをキルした際に選択したアイテムが靴をAS靴に強化と、クリティカルが上がる金策剣でした。
恐らくVarus Namiのスキルの特性上装備差があったとしても、Namiの泡につかまりスロー地獄+Varusのウルトとスローでは勝つことができないため、MSを上げることと、gold per moneyを上げるという判断だと思います。
こんなビルド見たこともないし、思いつくこととが出来なかったので、とても面白く、非常に有効な判断の一つだと感じました。レーンに勝っている際のAS上昇は大きなプラスとなるので、レーンで優位な際にTrisがCivを初手に積むというシーンも良く見られましたね。



 続きを読む

反省点

・Silenceを考えれず死んだ場面があった
・とりあえずBotにいってしまう癖が出た
・Lucianには装備差があってウルトの8割をよけても中盤は お互い体力MAXの1v1では勝てない
その後の試合は大きな反省はあまりありませんでした。順調に勝てていますね。

良かったのが後半の5v5で自分の体力4割で始まった集団戦で生き残り敵を3人殺し開始当初からDPSを出し続けることが出来たことですね。
本当にpeelの上手さには驚きです。

Milaliaさんと反省点について話し合った後、集団戦の重要さと勝ち方について少し一緒に考えました。

1024g1
1024g2
1024g3
1024g4




S5も刻々と近づいてますね。

S5に向けてSupで固定Duoをしてくれる方を募集したところ、Milaliaさんから声をかけて頂いたので、今日実際にNormal Team builder とRankを回してみました。

a7bb9ea285a708b1ec3667f9eef1564c
09b136983982868fd54fcc5293c7653f

Dia3のMilaliaさん。普段はMIDメインとのことですが、Supの判断の良さに驚きました。
自分のして欲しいことをしてくれるし、マップの警戒も非常に強く、ノビノビとプレイすることが出来ました。
このノーマル2戦はVC無しだったんですが、連携も取りやすく、相性良いのかな?なんてちょっとホクホクしながらやってました(笑

92047e01bfd811d36ef1d6ed1d171bc0

ランクですが、初めてという事で金のサブで行きました。
Solo queのイライラが一切無く、レーニングが本当に楽しかったです。

普段は集団戦でpeel貰えない事も多々ありつつも集団戦だけを生きがいにやっている訳ですが、レーンのストレスが無く、集団戦でも完璧なpeelを何回かしてもらいました。

しかし、勝ち試合の中で『確実に判断ミスだった』というプレイもしてしまったので、そこは反省します。

ただなんにせよ、固定Duoスタート初日はとても良いスタートをきれたのではないかと思っています。

S5目指せチャレンジャー!





久々にチームランクして来ました。

ごっふぃーとリスナーの即席チームです。

結果は1勝1敗

LucとCorkiをプレイしてどちらもレーニングは中々上手くいったものの、2試合目のCorkiでやらかしまくりました。
LeeのBansheeをはがすために前に出てMorgのQに当たるシーンが2・3度ありました。

あれがなければ恐らく勝っていたんじゃないかという感じだったのが悔やまれます。

ただやはりレーニングにおいて成長は感じました。

あとは今日の失敗を生かして集団戦でのポジショニングと敵への警戒をしっかりと注意すべきスキルを意識しつしようと思います。



その後いつものメンバー+ごっふぃーでノーマルいきました。

全試合勝てたしVCもわいわいしてて楽しかったですね。

↑このページのトップヘ