LoL ADCのことを書いてるブログ

League of LegendsのADCと初心者プレイヤーを対象にして書かれたブログ兼自分用メモ帳

2014年12月

ホラー鬼ごっこDamnedの初心者ガイド書きます
身内とVC繋いでやるととても楽しいです。
かなり戦略性が深く、読み合いが大事なゲームで、単なる馬鹿ゲーではないことがわかったので色々検証しました。

人間4vsお化け(鬼ごっこの鬼)1のゲームで、どちらも人間操作

人間の目標は鍵を集めて、EXITマークのついたドアの中に入れば勝ち。 
鬼ははいられる前に人間を全て殺せば勝ち。
人間側に鬼を倒す手段は無い。

生存者のコツ
・鬼ごとの対策を考える(下に書きます)
・ある程度アイテムが沸く位置を把握する、基本開けられるところ+流し台と棚。

・マップごとの固定鍵の部屋を覚える。
Rusty keyやold key roomkeyは、同じ名前で同じ外見のkeyがたくさんあって、どのRust keyがどのRusty Keyに対応したドアが開くかがわからない。(数をこなしていくとなんとなくあそこかあそこのどっちかだろうなという予測は付く。) Kitchen keyであくとびらは1つしかないため、キッチンの場所を覚えておけば、鍵を見つけたらすぐに開けるところがわかる。
(現状3マップしかプレイしていないため、キッチンが2箇所以上あるマップもあるかもしれないが、とにかく言いたいのはある程度マップごとに最初にあけなければいけない固定ポジション等があるので、そこの鍵の名前を覚えておくと良い。そこがあかないと進めない=それ以前の部屋で必ず手に入る)

・ドアを速攻しめれるようにしておく。
このゲーム地味にドア等の開閉が地味にやりづらいため、コツをつかんでおくと良い。
3種の鬼のうち2種はドアをしめることで逃げることができるので重要な技術。
自分はドアを45度にしているものの、正直誤差の範囲。





それぞれの鬼(3種類)の特性と対策。
【Mary】
・外見は貞子って感じ
・通常時の移動は非常に遅い
・人間もMaryも常時お互いを視認できる(覚醒中のMary視点は、人間が白く光ってわかりやすくなる。人間側からは覚醒しているかしていないかは声と外見でわかるが、光ったりはしない。)
・通常時は人間を殺すことができない
・エナジーをためるとテレポートを使うことができる(テレポート先は全てランダム)
・エナジーは人間がMaryを視界に入れていると貯まるスピードがはやい
・一定時間ごとに強制的にテレポートする
・エナジーをマックスまで貯めて人間の近くに居るときにEを押すと、状態が変わって、超高速で走れるようになり、 
生存者に向けて近くで左クリックをすると殺すことができるようになる。効果が終わる(時間経過)と強制テレポート。

【プレイング】
エナジーは、テレポートと、覚醒する時に共通で使うため、 テレポートを使いすぎると中々人間を殺せないので、強制テレポートを待つのも戦略。強制テレポートはエナジーを消費しない。

どれくらい貯まったかは一応Mary視点で見ることができる。(黒いもやもやした部分が縮んでいって、視点ど真ん中の白い点に重なった状態がマックス状態でEを使うことができる状態。説明が難しいが、Maryをやっていれば理解出来ると思う。) 

Eを使った状態のメアリーに移動速度は勝てないので、直線なら絶対に追いつくが、ドアを閉められてしまうと押戸の場合ドアの前にたたれるだけで開けなくなり、引き戸の場合も人間がうまくドアを閉めると開けられないので、曲がり角の出会い頭や、気づいてないうちに後ろから行く等の工夫が必要。

【対策】
序盤はテレポート待ち+チャージまで結構かかるため、 ガンガン探索して行動範囲を広げて、ドアを開けまくりたい。
Maryの位置を把握したらすぐに見るのをやめる。
覚醒したあとは強制テレポートするため、覚醒した部屋はある意味安全とも言える。
そろそろチャージが貯まったなという時間帯はドア付近で退路を確保しておく。
Maryの移動がはやすぎて、殴れなかったということもたまにあるので、逃げる場所がなくても諦めずにフェイントをかけたりしてみる。

【Phantom】
・宙に浮いてるダースベーダーみたいなやつ
・移動速度は人間の通常時より速く、走っているときよりも遅い。
・人間は常にPhantomを目視できるが、Phantomは人間が音をたてた時又はPhanromに触れた時しか人間を認識できない。(認識後は距離が離れる又は音が消えて少し立つまでの間壁越しでも人間の場所がわかる。)
・Phantomは全てのドアをすり抜けることができる。(Phantomには扉が見えないため開いているか閉まっているかわからない。)
・左クリックで殺せる。

【プレイング】
Phantomは扉が空いているかがわからないため、多少の読みが必要になる。
序盤は人間の行動範囲が狭いために積極的にスタート地点などを見回りたい。
主要な場所を覚える必要がある。
Phantomは人間からは見られるため、先に気づかれてしまった場合通り過ぎてしまう可能性が高い、
そのため、音のなる可能性のある場所や、重要拠点の扉の前で待ち伏せ等の工夫が必要。

【対策】
音をたてないことが重要。
ライトのON OFFにも反応するので注意。
Shiftで走っている際の足音は非常に大きく、なにも押さずに移動している場合でも、歩いて5歩先くらいだとばれる。(走っていると10m-15mくらい先でも認識されるが、歩きは本当に近く2-3mまで認識されない。)
Alt又はCtrlを押しながら移動している場合は一切認識されない。(Phantomの体にぶつからない限り。)
自分はみられていないがPhantomを見ることは常時できるので、味方と連携をとると良い。
見つかった際は音楽が変わるので、とにかく走れ。

 
【Lurker】
・ルーカーも2つの状態が有る
罠を置くことと、ドアをすり抜けてはやい移動ができるゴーストフォームと、実体化して敵を殺すフィジカルフォーム
ゴーストフォーム中は扉も人間も見えない。
・ゴースト中にはマップの様々なオブジェクト(天井の照明や、時計等1部屋1-4個程設置できる場所がある)に罠を置くことができる。(ルーカー視点では光っている) 
罠の付近を人間が通った際に、ルーカーはEを押すことでフィジカルモードになることができる。
同時に複数個の罠を置いた際はどこの罠が発動したかは分からない。(ただ画面が黄色くなるだけ)
フィジカルモード中はEを押すことですぐにゴーストに戻れるが逆はすぐには出来ない。
ゴースト中の移動速度はとても早い。フィジカルモード中は歩く人間より速く走っている人間よりは遅い。
罠は一度置いた場所には発動後にしばらくたつとまた置くことが出来るようになる。
・一定時間出現しないでおくと、罠にひっかかっていなくても出現することができる。

【プレイング】
罠をどこに置くか決めるためにマップを理解して先読みしないといけない。
メアリーと比べて敵を殺せる時間が長く、わりと頻度も高いのでチャンスがあればどんどん攻めて良い。
ゴーストフォーム中扉は見えないが、フィジカルモード中は人間とほぼ同じ視界のため、相手がどこまで進んだのかを確認することもできる。 

【対策】 
 頻繁に湧いて出てくるので、警戒は常に怠らずに。
最もいいのはどこかのドアに入って閉める。ルーカーもMary動揺にドアを開けれるが、同様の対策でドアを守れる。
フィジカルモードの視界は良くないため、ライトを切って走り回れば見失ってくれる可能性がある。
罠を分散させる利点は少ないため、出現した場所から遠い人はガンガン周りを創作すると良い。


まだプレイして2日目のためこの程度しか情報はありませんが、何かあればまた追記しようと思います。

参加したいという方はぜひぜひTwitterまでお願いします。 @Konny0329

追加情報

一度ライトをつけて視界に入れさえすれば拾うことの出来るアイテムは点滅するため、ライトであたりを見回してライトを消して探索すると節約かつばれにくい
 

という訳で試験段階ですが、やってみようと思います。
様々な意見や感想を貰えると嬉しいです。否定的な意見も歓迎します。
Part2となっていますが実質これがPart1です、昨日投稿したPart1はただのプレイ動画になっています。






まずシーン1について。
Zyraのキルまでの判断は良かったと思います。ただその後のkite時にJinxのQをなぜかガトリングに変えてしまい、射程減→アタックムーブで敵に近づく→サソリのウルトに捕まる。というミスを犯しています。

JInxはブリンクがありません。
確かに単体に対してのダメージはガトリング状態のQの方が出ますが、 敵の対象指定スキルがCDでなく、人数差等で一方的に殴れる状況や1対1で殴るしかない状況を除いて、Jinxが敵に攻撃する際のQはロケットの方がいいと思います。

このミスが無ければサモナースペルが片方又は両方使わずに済んでいたでしょう。

続いてシーン2
ドラゴン前でのチームファイト。
敵は2-3に分断した状況でこちらは5人固まっていました。
そのため自分はWとEによるゾーニングで敵の主力であるIrelia Fizzのゾーニングを選択。
Fizz IreliaがJinxを無理やり殺しにきたのでフラッシュを炊いて離脱し、その間に味方が1キルゲット。
かなり敵が無理をしてきた状態なのであえて敵によりつつ味方と合流し、味方のPeelを貰う。
(この際にFizzのウルトミスとIreliaにフラッシュを使わせることができた。)
Ireliaが逃げる方向判断を誤り2キル目とドラゴンをゲット。(ウルト外したやつ誰だよわら)

シーン3
インヒビターを折った後Ireliaに意識を向けすぎたJinxがSkarnerに捕まる。
AAは良いとして、ウルトを撃つ理由が無かった。
その後も捕まって動揺したのか、kiteで射程内にGravesがいるにも関わらずSkarnerを殴り続ける判断ミス。
それに釣られてかLeonaもSkarnerにスタンを入れてしまった。
チーム状況と当たり方で勝てるのは当たった瞬間にわかったものの、もっと均衡した試合ならばこの判断ミスはADCを早期に落とす大きなミスだった。
チームが上手く敵を回収してくれて、3人残しでACEゲット。

シーン4
Skarnerが捕まった所からはじまった 1v2が徐々に大きくなっていくチームファイト。
これはお互い寄っていたため、先にtankを(2ウルトは落としたといえ)ノーダメージで取られたチームがそりゃ負ける。

シーン5
今度は逆に2v1から始まる展開。
Leonaが異様な粘りを見せ生き残り、スーパーミニオン処理で敵は寄れていなかった。
Leona OP

あとはバロンと共にtopのインヒビを壊して復活したmid インヒビを壊してGG

今までなんとなく理解はしてたけどこうやって書く事で色々自分でも思いつくことがあった。
csを捨てることの重要さと同じように、時にはキルを味方に任せること、とにかくADCは安定してダメージを出すことを優先する等といった基本をもう一度徹底したい。

ここまで読んでくれてありがとうとざいます。
質問意見感想等もしあればコメント又はTwitter:https://twitter.com/Konny0329 までお願いします!
 

Part1の動画を投稿した後にふと思いつきました。

長い(見たいとこだけ見たい) 編集技術がないから何が良かったとか悪かったとかを動画に組み込めない。

そこで考えた改善点が2つ

まず動画をハイライト式にする→画質が上がる。見たいところだけ見れる。

ブログで場面場面を出して考察する→動画編集技術がなくてもできる、ブログを見てくれる人が増える(願望)

というwin-winな状況を生み出せるのではないかと甘い考えに至った次第であります。 

動画やブログ上でそこはそうじゃなくてこうだろといった議論を生み出す機会にもなれば嬉しいです。

動画は一本とってみたのでそれで試しにやって投稿してみようと思います。 

現在Dia4

レーニングで5デスする奴もいるし、集団戦が出来ない奴、青バフもらえないからAFK。
そんなのが普通にいて、 まだまだ低レートだった。

といっても、スーパープレイを見る頻度やまともな試合はもちろん増えてきていて、Speclive出てるよ!なんてことも3回程言われたこともあり、レートが上がってきたという実感はあります。

D2-D4までまたいだマッチングが一回あったけど、D2とD4には明確な差があることが分かった。
D4は確実に抜けれると思う。今年中にD3を目指したい!!

Leeに殺されたのだけはありえないミスだった。

↑このページのトップヘ